ベイルリゾート公式代理店


ウェブ全体を検索 このサイト内を検索

コロラドにいらっしゃったゲストからのご感想


コロラドにいらっしゃたゲストの皆様からのお便りをここで紹介させていただきます。
皆さん十二分にコロラドを楽しんで頂けたようで、スタッフ一同本当に嬉しく思います。
 
この素晴らしいコロラドのスキーリゾートをご紹介することが スキーアメリカのミッション(使命)です。
そしてこの皆様からの声こそが私たちの仕事へのモチベーションとなっています。
 
ベイル&アスペン旅行を計画中の方にも有益な情報が沢山ありますので、どうぞご一読下さい。
 

ベイルにいらっしゃったゲストからの写真と、滞在記ブログはこちらからどうぞLinkIcon

スキーアメリカ ジミーさん、リョウコさん 
 
改めまして先月のベイルスキー合宿では、大変お世話になり有難うございました。
3年前の訪問時、隊長が八十才を迎えたことから海外合宿は最後となるはずでしたが
滑走中の接触事故により怪我人を出してしまい・・(あの時も本当に助かりました)
納得のいかない隊長からの「やり直しだ!」という指示を受けての開催でした。
 
我々の海外スキー合宿は1990年頃に、初めてカナダへ行って、”広く長く空いている”
ゲレンデにすっかり魅せられて以降、二十数年ほぼ毎年、おもに欧州の有名スキー場へ
行ってきました。 しかし2006年のベイル初訪問後は、12年間で7回も行くほど
コロラド州のスキー場がお気に入りとなっています。
 
ジミーさんリョウコさんに感謝しつつ”我々は何故コロラドへ行くのか?”考えてみました。 
 
その前に”なぜ海外へ行くのか?”というと 「広く空いていて気持ちよく滑れるから」
もう少し突っ込むと「もう歳で時間もないし、今さら努力とかして技術上げるのムリだし」
「競技スキーじゃないのだから、気持ちよく滑れるのが一番」となると
「お金を出して最も雪の良い場所へ行って、上手なったような気分になろう!」
ということで、なんだか身も蓋もない感じの理由です。
 
次に海外スキーで、”ヨーロッパよりコロラドを選ぶ理由?”となると
「気楽さと雪質&設備」です。
おやじ集団にとってヨーロッパは雰囲気は良いが居心地は悪いのです。
北米でのコンドミニアム自炊生活は安価で気楽です。
また、良い雪質と良く考えられた最新設備は、年寄に優しく足腰への負担を減らしてくれます。
 
先週、国内スキー合宿ということでニセコへ行きました。外国人客が7割!ほぼ外国です。
オーストラリア人が「ニセコ ナンバーワン!」と叫んでいました。
新雪があり天気も良かったので、まあ確かにそんな気もしましたが・・
ニセコの問題は他の日本のゲレンデと同様に、設備の古さ、コース連携の悪さでしょうか。
ゲレンデ規模やコース幅などでもベイルに及ばず3日は良くても1週間いたら飽きてしまいます。
ただし、外国資本が入ってきているようで比羅夫エリアには最新鋭リフトなども架かっていて
これから改善されることを期待しています。
 
何に価値観を見出すかは人次第ですが、
滑りに徹した?小金持ち?のじじい集団には「ベイル最高!」となります。
 
体力がなくなり渡航が苦になるか、3日も滑れば充分になるまで、残された時間は少ないですが
其方にて再会できることを願っております。
 

先日はいろいろとお世話になり、ありがとうございました。
4日間もガイドしていただき、今までになくベイルスキー場の
魅力が分った気がしました。

今回は心臓病を発症してから初めての3000m越えスキーでしたので
体調的に少し心配しておりましたが、初日にジミーさんにガイドして
いただいたお蔭で、効率よく身体への負担も少なく楽しく滑ることが
できました。

さて、ベイルの良さですが、ヨーロッパのスキー場とは比べ物にならない程
雪質がよく、リフトの繋がりも良いので各コースへの移動もしやすく
滑走距離を伸ばすことができると思います。
ヨーロッパ等のスキー場と比べても費用対効果は高いと思います。
(コストパフォーマンスが高い)
 

スキー三昧の1週間もいよいよ最終日ですが、晴天のなか今日も進之介共々楽しく滑っています。
最後まで気を抜かずに帰りたいと思います。

いろいろとお世話になり、ありがとうございました。

 

 
この度はお世話になりました。
 
滞在中天気が良く、コースも景色も最高でした。
 
数十年ぶりの長い滞在でのスキーでしたが、楽しむことができました。
 
ありがとうございました。
 
 

明けましておめでとうございます。
 
昨年末のスキー旅行は無事に怪我もなく、家族全員楽しく過ごすことができました。
昨日、無事に戻ってまいりました。
 
ジミーさんにも宜しくお伝え下さい。
 
ゴンドラで一緒に撮った写真を送らせて頂きます。
 
お世話になりました。
 

ジミーさん、良子さん。

2017年 明けましておめでとうございます。

3年ぶりのベイルスキーでは、大変お世話に成りました。初日スキーでは高度順応が
できず、?(趣味の海外スキーも是までかと、覚悟しました)

いつもは、私がトップで、コース選びを任されていた手前、明日から見通しが立たず
今回はどうなることかと、暗澹たる思いでした。

ところが、幸運にもジミーさん、良子さん、のご厚意で連日のガイド実現、本当に楽
しく、今までで最高の爽快な滑走を味合うことができました。

ベイルスキーはこの10年で6回目、雪質、スケールは共に世界一、何度来ても闘争
心を掻き立てる豪快な斜面が選び放題、私に取ってはこの世のパラダイスです。

自分の体力と、大袈裟ですが、自然とのギリギリの勝負みたいなものが、たまりませ
ん。(この年でこれだけのスピードが、体感できることは至福です。)

帰国後、12月の28,29,30、の3日間小学生の孫2人と信州白樺湖スキー場
で長男一家と妻の6人でのファミリースキーを楽しみ、今月18日からは、ニセコが
待ってます。

残り少なくなってきた人生のフニシュが充実感に満ちたものに思えるよう、コンデ
ションの調整が命綱、現状維持がいつまで続ずくかが私のテーマです。

願わくば孫を連れてのベイルスキーで、ジミーさんと良子さんに、再会できることを
念じています。

“スキーアメリカ”の益々の繁栄と、 ジミーさん良子さんが、いつまでも仲良くお
仕事頑張って行かれるよう、陰ながら応援しています。昭和一桁 雪上暴走族より。
 

 
大森良子様
この度のベイルスキーツアーでは、リフト券をお願いしたのを機に、レストラン予約をして頂いたり、何かと質問させて頂き、種々のアドバイスを頂きまして、ありがとうございました。
おかげさまで、無事旅行を終え、NYへの帰路に着いております。
現地ではガイドツアーに2度入り、2度目は完全プライベートでしたので、一度目に行かなかった場所を滑りました。ガイドツアーはマップを見つつ滑る面倒さがないという点でもよかったです。
お天気にも恵まれ、新雪の積もった朝もあり、バックボウルも滑り、満喫しました。ビーバークリークには行きませんでしたが、かわりにベイルは十分滑った気がします。
でもやはり空気の薄さはずっと感じていました。結構ゼイゼイいってました。私は時差に弱く、毎日恐ろしい寝不足で滑っていたのでなおさらだったのだと思いますが。
寒さは思ったより寒くなかったです。服装のアドバイスを参考にインナーのダウンを持っていったのがよかったと思います。ありがとうございます。
レストランは、どこも美味しかったでしたが、Sweet basil とランチで2度行った10thが よかったと思います。Sweet basil はかなり騒がしかったですがお料理がよかったです。10thは、味もお店自体も素晴らしいですね。
Tivoliホテルは、家庭的でフレンドリーないいホテルでした。 タオルや枕の古さが気になった他は、よかったです。部屋には暖炉があり広さも十分で、難点だったキングサイズのベッドも気にならない大きさでした。帰りの車の運転手がベイルナンバーワンのホテルだと言っていました。
ホリデーシーズンだったので、街も本当に綺麗にライトアップされていて、スキーリゾートのクリスマスを楽しめました。
本当にいろいろアドバイスを頂きありがとうございました。ご報告が次の方にも役立つといいと思います。

 

大森様
 
今回リフト券のみお世話頂きましたが、現地で受け取ったリフト券と同封の冊子に役立つ情報が記載されており、大変参考になりました。
 
現地では到着日とその翌日から3日間は晴天続きで晴天率の高さを伺い知れましたが、肝心の雪質はというとチョット期待外れ感がありました。
 
勿論標高の高いエリアはとても雪質が良かったですが、いかんせん積雪量が少なくて一部に草が見えている点が興ざめでしたが、4日目から降雪があった為に、ようやくドライパウダーを体験できてとても満足しました。 
 
各スキー場自体はすごく満足できるのですが、日本のスキー場と比べると異常に物価が高いのだけが難点でした。
 
特にベイルのリフト券売り場に記載されていた1日券の料金が$189というのを見て、これが日本だと殆ど金持ち相手かボッタクリ価格(笑)という感想を持ちました。
 
もっとも維持管理にお金が掛りますから、日本のスキー場が少なからず淘汰されていくのは料金に反映出来ないからかもしれないですが。
 
ちなみにお勧めのレストランですが、私は今回一番気に入ったのはカッパマウンテンのイーストビレッジのスキーセンター内レストランで、巨大なハンバーガーランチは最高でした。
 
ネガティブな感想を多く書きましたが、とても日本では味わえない満足度や貴重な体験も出来たことも事実です。
 
もしもっと多くのサービスをスキーアメリカさんにお願いしていれば、更に多くの良い体験が出来たと思いますが、次に機会があればお願いしたいと思います。
 
ありがとうございました。
 

大森様

こんにちは!
 この度は大変お世話になり、ありがとうございました。お陰様で家族全員の良い思い出を作る事が出来ました。次男がVailに行っていたと言うと、アメリカ人には凄いとか羨ましいとか、憧れの最高級リゾート地だとか必ず言われたようです。行く前、本人はアメリカの普通のスキー場という認識しかありませんでした。
 実はこちらに帰ってきて買い出しに行きましたら、大流行中のA型インフルエンザに罹ってしまい(笑)やっと復活しました。お返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。

 50年前からスキーを始め、13年間のブランクを経て2年前から復活しました。年齢を考え圧雪された所ばかりを滑っていましたが、新雪の滑り方を教えて頂き、Vailの素晴らしい新雪の魅力にこの歳になって目覚めてしまいました。皆さんが新雪に喜ぶ気持ちがよ〜く理解出来ました。
Vailは何処を滑っても雪質が良いスキー場で、インフォメーションの方が沢山居て安心して楽しく気持ち良く滑れました。日本の人に10日も居たら飽きちゃうんじゃない?と言われましたが、とんでもない!1ヶ月欲しいですね。

 宿泊はコンドミニアムのアントラーズに11泊しました。毎日ハウスキーピングが入り、掃除機でお掃除もしてくれ、朝使った食器などを洗浄機に入れて出掛け、帰って来ると全部食器は戸棚にきちんと仕舞われていました。とても快適に部屋で過ごす事が出来ました。
  コンドミニアム生活だとスーパーに食料品を買いに行く必要がありますが、いつでもフロントに言うと直ぐに車でスーパー迄送ってくれ、買い物が終わった時に電話をかけると直ぐに迎えに来てもらう事が出来、大変楽で助かりました。
  あと嬉しいサービスはスキー板が朝、ゴンドラ乗り場まで運んであり、帰りもゴンドラ乗り場で回収してくれる事でした。サービスが至れり尽くせりで、とても満足でした。従業員の方も皆さんとても感じが良かったです。
  ただ一つだけ困ったのは、包丁が切れない!切れないと聞いていたので、小さい砥石を持って行きました。ところが包丁の本数はやたらに多いのに、全てSerrated blade(ギザ刃)で研ぐ事が出来ず困りました。

 Vailのレストランは何処もとても美味しかったです。
 スキー場内の昼食でのお気に入りは、10thでした。お値段もいいですが、どれを食べても美味しいです。ミッドベイルにあるので気分が悪くならずに、美味しく食べられます。スープは具が沢山入ってるので、スープだけとかサラダだけで充分です。昼の予約はスキー優先の私達には無理なので、待つつもりで行っていました。タイミングよく入れる時もありました。
  19番ゴンドラ降り場にあるビストロ(名前忘れました)も落ち着けて、味も美味しかったです。ゴンドラ降り場だと大した事ないんじゃないかと思いがちですが、日本と違いさすがVailと思いました。

夕食は11日間全部違う所に行きました。質の高さに満足でした。毎日の夕食と買い物もとても楽しかったです。

 (1)Game Creek Restaurant  
     ゴンドラに乗って、雪上車に乗りレストラン迄行きます。お天気が良い時にお勧めです。ゴンドラの中から見える月明かりに照らされた斜面、遠くに見える町の灯り。景色を見るだけでも価値があります。又1人だけですが、お願いして雪上車の助手席に乗せてもらうのがお勧めです。息子が乗りましたがアトラクションのようで、最高だったようです。これだけでもこのレストランに行く価値はありますが、勿論レストランの雰囲気と料理は最高でした。どれを食べても五つ星です。お値段が高いですが、家族揃って行く事が出来、一生の思い出になるレストランでした。 

 (2)Sweet Basil 
        評判通りの人気店だと思いました。お洒落なお料理で、前菜に蟹のクレープ巻きを食べましたが、美味しさに感激。メインに豚肉を頼みましたが豚肉そのものの美味しさに感動しました。勿論メインの添え物の細かい味も口に合わない物はありませんでした。デザートはここが一番だと思いました。

 (3)Montauk Seafood Grill 
       山の上でシーフード?生牡蠣?と思いました。是非生牡蠣に挑戦してもらいたいです。
     牡蠣の種類が何種類もあり、日本では食べられない生牡蠣を食べました。とてもクリーミーで美味しかったです。絶対にお勧めです。
以上が私のベスト3です。

他に行った店
   Lancelot Restaurant 
   Swiss Chalet
   Mountain Standard 
   Pepi's Restaurant 
  La Bottega Vail   ティラミスが美味しかったけれど、日本の4人分の大きさ
  La Tour    メインがわりと多いと聞き、シェアをしたいと言ったら、2皿に綺麗に盛り付けてきてくれました。
  The Blue Moose Pizza    予約なしで入れる、気軽な店です。
  Tavern on the Square 

Vailのレストランのレベルは本当に高いと思いました。
レストランは必ず予約をしておかないと、よっぽど空いている時期じゃないと無理だと思いました。英語で電話をする自信のない人に、お勧めがネット予約です。簡単に予約が出来、簡単にキャンセルもできます。間違えが無く、大変楽です。お勧めはOpenTable  というサイトです。ここはFoursquare と連係しています。Foursquare で評価の高い所を見つけ、Open Tableで予約していました。勿論日本語で出来ます。

適当に書いてみました。ご参考になれれば幸いです。
ゴンドラの中でお話しした強制チップレシートの写真を添付します。1番印象深いレストランでした。笑
これからもご活躍をお祈りしております。ありがとうございました。
 

ベイルでの楽しい休日をありがとうございました。 満喫しました!

5日間全日好天に恵まれ気温も暖かくまるで日本でスキーをしているかのようでした。(スキー場の規模は全く違いますが)

今回は5年前の雪不足のシーズンのリベンジということで、先回滑れなかったバックボールを何日も楽しむことができました!!

ベイルのスキー場はその広のためバラエティーに富んだコースが沢山有って、新雪、林間、コブ、長いダウンヒルコースなどなど・・・その時の天候、気分、体調で様々に楽しめました。

夫と娘はジミーさんのガイドの元、ゲレンデを良く知らないと行けないようなコースに連れて行っていただき、思い出に残る一本となったようです。

5日間の中、1日はビーバークリークへ行きました。お洒落です!カフェテリアも美味しいです!スキーの後はクッキーのサービスが有ります!ここも行く価値ありです!!

スキーの後もベイル、ライオンズヘッドのビリッジでショッピングや食事を楽しみました。ショッピングで気に入ったのは、各有名スポーツ用品メーカーの出しているVail マークの入った商品です。

例えば普通に売っているNorth Face のフリースに Vail のマークが入って同じ値段で売っている…. みたいな。他には、ライオンズヘッドにあった酒屋さん!スケートリンクを上がった左手にあるのですが、リゾートなので高いかと思いきや、安かったです!おかげで、部屋でゆっくりワインを楽しめました。ただ、ほとんどのお店が8時に閉まってしまうのは残念でした。

レストランで気に入ったのはエバーグリーンロッジにあるインド・ネパール料理店。いい味です。値段も安く、エスニックにちょっとうるさい娘も気に入っていました。

ジミーさんの話では、ベイルリゾートがカナタ゛のウィスラーを買収したとのこと。今後は北米でウィスラーとベイルのスキー場をはしごする、というようなこともできるかな??と思っています。

ジミーさん、良子さん、楽しい思いでに残るベイルでのスキーツアーありがとうございました!! 
 

スキーアメリカ 大森ジミー様、りょうこ様

ビデオ予告編、ありがとうございます。

Vail滞在中は大変お世話になりました。
妻共々大変感謝しております。

20年、25年振りのウィンタースポーツを素晴らしい環境下で堪能することができ、
これを機会に再開する意欲満々です。

早くもマイブーツのVailフィッティング購入を思案しつつ、来冬の訪問も検討して
おります。

また、お世話になることがあるかと思います。
その際にはどうか宜しくお願い致します。
 

SKI AMERICA
大森 良子様
 
 2012シーズンのアスペン以来5年振り、この度のベイルはなんと22年ぶりの再訪につき、前回同様ロッジ、リフト券手配、空港からのCMEバス等々で大変お世話になりました。※“等々のお世話”を頂戴したことは後述。

まずホテルですが、物価高のベイルにつきリーズナブルな「エバーグリーンロッジ(バレービュー)」を選択。
 
建物設備の老朽化はあるものの、広めの客室、ジャグジー、朝食バイキングは必要十分で、自分で焼く手作り風ワッフルは日本では珍しく美味しく頂けます。フロント階にあるスポーツBarのハンバーガーも肉肉しくてお勧めです。ビレッジ内循環バスの乗り場までも徒歩34分程度でまずまず。
 
今回は年末休暇ウィークにあたり、リフト待ちで少々込み合う場面もありましたが、スキーアメリカ/良子さんの半日ガイドとともに滑走初日からドピーカン天気の滑り出しで、広大なVAILを計5日間堪能する予定!……のつもりでしたが、
なんと同行の家内ともに夜には激しい頭痛と目眩で動けなくなり、良子さんウォッチによればいわゆる「高山病の発症」とのことで、すぐさま現地ドクター診療、やたらにでかい酸素吸入器等々の手配を受けることにあいなり、苦しくも笑ってしまったのは、ゲレンデに居る良子さんと、ロッジ室内ではスマホを片手にドクターと当方ら三者間同時通訳での問診診療というありさま。
 
二日目は完全休養日となってしまったものの、この対応のお陰で症状は和らいだことで、好天が続く残りの3日間で三つのビレッジ、シベリア、チャイナ、サンアップ&ダウンの各裏ベイル、そして最終日にはビーバークリークまで足を運べることが出来たのも、ひとえに良子さんから迅速適切な“お世話”を頂戴できたこと、本当に感謝しております。

今回の反省ではないですが、ゲレンデTOPは富士山級の標高であるので、同社発行の高山病対策手引きにあるとおり細心の注意を払いながら広大なVAILには臨む必要を痛感した再訪旅行となりました。
 
今回、滞在期間中新たな降雪によるNewパウダーは味わえませんでしたが、世界最大のグルーミングバーンを連日青空の下で堪能でき、かつ現地ドクターとの片言英語での問診診療も経験でき()22年ぶりのベイル訪問を色んな意味で満喫できた旅行となりました。高山病がややトラウマになりつつありますが、近くまた再々訪問できることを期待し、スキー貯金を再開したいと思います。この度はお世話になりました。
 
追伸)ゲレンデ内フォトサービス&リフト待ち時間検索アプリ「MIX」について
 一番リフトに入場する際のゲート係員の兄さんがピピッととチケットICを読み取り後、発音し辛そうにファーストネームを読み上げられたことに少々面喰いましたが、「Where  from?」と聞かれたので、「I came from future」と返したらウケて笑ってくれました。こういうやり取りがアメリカンっぽくていいな!とは思いますが、リフト一日券189ドルという価格に化けていると思うと微妙なところ。同アプリにはゲレンデ内に待機するカメラマンが撮ってくれたフォトを事後スマホで閲覧できたり、各リフト機に備わるセンサーでどこを滑ったか分かるものなど、日本未導入のサービスが満載なので、積極的に利用されることをお勧めいたします(もっぱら日本にはそれが必要な広大なゲレンデはありませんが・・・)。
2016-17シーズン吉日
 


大変お世話になり有り難うございます。
我が世の一大イベントが無事に終わり、来シーズンに向け一年がスタートする気分です。
来シーズンもVail で滑れる様頑張ります。

これからシーズン後半お忙しいと思いますが、
日本のスキー、ボーダーにVailの楽しさをお伝え下さい。

また、来シーズンの予約の時期になりましたら、
ご連絡下さい。

それではまたです。
 

 お世話様になりました。
初めてのベイル、ビーバークリークです。先ずスケールが違いますね。
それにリフトも6人乗りがあったりして、1番感じたのは麓から輸送力の見事な事。
ゴンドラ、リフトも充実してますね。スキーヤーも乗る順序をわきまえていて驚きました。
 
ジミーさんには5日の日一日ガイドをして頂き感謝しております。ワンポイントレッスンまでして頂き有難うございます。私個人としてはまさかMIKEと一緒に滑るなんて思いもよらなかったので本当に楽しいスキーでした。9月にケンさんに相談をして大森さんと連携で実現したこと、夢のようです。又是非お邪魔したいとおもっています。その節は宜しくお願い致します。
 
楽しかった~~!!
 

ジミーさん、良子さん このたびは大変お世話になりました。
 
妻と子供3人(4歳、10歳、12歳)で初の海外スキーということで不安でしたが、おかげさまで楽しい34日を過ごすことができました。
 
宿、送迎、リフト券を手配してくださったのでとても楽でした。旅行前のメールはもちろんのこと、現地滞在中も暖かいお心配りで本当に助かりました。 
 
宿はいろいろお勧め頂きましたが、4歳児のことを考えライオンスクエアロッジにしました。やはり、部屋で休んだり、昼食をとったりすることが多かったので近くてよかったです。おしゃれな宿で家族全員よろこんでいました。家族全員分のレンタルスキーとブーツを宿まで運ぶのがちょっと大変でした。
 
街の雰囲気もおしゃれでスキー嫌いの妻も終始ご機嫌でした。子供がいなければレストランなどナイトライフを楽しめたのでしょうが、今回は三食すべて宿で小生の手料理となりました。 
 
極寒のロッキーを予想していたのですが、春の陽気で宿のまわりはべちゃ雪。それでもゴンドラで上までいくと適度に締まって滑りやすかったです。広大なゲレンデを独りで滑りまくっても、日本で滑るより体の負担は少なった気がします。ただ、あまりに広大すぎてスピード感がなく、ターンのタイミングがわからなくなります。回転半径100mも可能かも。
 
長野のスキースクールでスクール恐怖症になってしまった4歳児もジミーさんのレッスンだと楽しんですっかり上達。最終日にはターンも自在にできるようになり、初心者コースを滑れるようになりました。 
 
あっという間の4日間でした。全コースの半分も滑っていない物足りなさ。また来たいと帰りの送迎車の中で思うのでした。その時はまたスキーアメリカさんにお願いすれば、なにも問題ないでしょう。そして、初日はジミーさんにお会いしなければベイルは始まらないような気がしますね。
 

広大なスキーエリアの中に、数えきれないほどのコースがあり、初心者でも十分楽しめることができました。初心者用から超上級者向けまで、幅広い種類のコースがあり、人混みとは無縁で楽な気分で滑ることができ、楽しかったです。
また、天気の良い日の景色は壮大で、アメリカを感じさせます。
 
リフトも大混雑することはなく、職員のフォローも手厚いので、安全だと思いました。
お昼ご飯を食べるカフェテリアは、12時過ぎから混み出すので、ゆっくり食事したい場合は時間をずらした方が良いと思います。(お勧めは早めの時間に食事を取ること)チーズたっぷりのスープは絶品でした。お天気がよく、そこまで寒くない日に、外のテーブルで日光浴をしながら食事をするのが、とても気持ちが良いのでお勧めです。
 
最後に、ジミーさんの丁寧なレッスンのおかげで、二人で共に滑れるエリアが増え、今後も夫婦でスキーを楽しく続けて行けそうです。ありがとうございました。
 

大森様 
お世話になります無事デンバー空港に到着しチェックインを済ませたところです
あの雪道を80キロオーバーで平気で運転する少し年かさの増したお姉えさんがちょっと怖かったです
今回のベイル滞在に関して心細やかなご配慮を賜り本当にありがとうございました

 
何かあったらいつでも相談できるという安心感が心の支えで滑ることに専念することができました
これから日本モードに徐々に切り替え帰途につきます

重ね重ね本当にありがとうございました

 

大森様
返信遅れて申し訳御座いません。VAILの後、ロス、サンディエゴと回って、先日帰国致しました。大森様には、スキーパスだけしかお願い出来ませんでしたのにご親切に色々とご対応戴き、有り難う御座いました。

VAILは、いつも行っているスキーショップのオーナーに勧められて、行く事にしました。それまで、VAILというのは全く知らなかったのですが、カナダ、ヨーロッパには、それぞれ何回か行った事があるので、一度、アメリカにも行ってみようと思った次第です。

今回は、たまたまだったのか、かなり温度が高く、期待していたパウダースノーを経験出来なかったのが残念でした。家内と一緒だったので、ブラックダイヤモンドだらけのバックボウルに行くのは躊躇われ(1日だけ、ORIENT EXPRESS LIFT を使って、POPPYFIELDS を何回か滑りましたが)、フロントサイドばかりを滑っていたせいか、規模も思っていたほど大きくは感じられず、最後の方は少し飽き気味でした。
とはいえ、相当部分圧雪されていたので、家内と一緒に快適に滑る事が出来ました。この歳になると、怪我をしない事が最優先ですので、あの圧雪は有り難かったです。
 
ビーバークリークにも1日行ってみましたが、霧がかかって視界の悪い日に当たってしまいました。それでも、時々の晴れ間で見る景色はなかなか良かったです。
 
食事で驚いたのは、夕食時間の早い事です。私の常識では、外人の夕食時間はせいぜい8時頃からなのですが、5時半頃からぼつぼつ来始め、6時にはかなりの混み具合になります。おかげで、初日(土曜)は空いているレストランを見つけるのが大変でした。(もちろん、その日はお勧め戴いた Russell's の予約が取れず、後日になってしまいました)
 
味はレストランにも依りますが、概ね可もなく不可もなくでしょうか。でも、カナダと同じで移民国家ですから、バリエーションはあるので(一つ一つの味が今ひとつであっても)、例えばスイスのように、毎日フォンデュばかりという事が無いのはとても有り難いです。(食事はとても大きな要素ですから)
 
しかし、ホテルでも何でもVAILは高いですね~。リフト券売り場で見ましたが、1日券が$179!!今までの経験で最高値です。
 
食事も概して高い気がします。Osaki に一度行きましたが、結構なお値段でした。勿論、銀座よりはずっと安いですが、これは絶対額の事では無く、コストパフォーマンスの事でして、日本から遠く離れたコロラドの田舎でという条件を差し引いても(もちろん海外としては美味しかったですが)、あのお鮨で、あのお値段はどうでしょう?でも、海外で「鰻」ではなく「穴子」を食べられたのは、初めて?で、嬉しかったです。あと、ホテル(チボリロッジ)のすぐそばのTERRA BISTRO で「鴨のコンフィ」(結構好きなんです)を食べられたのも良かったです。ステーキはどこにでも有りますが、「鴨のコンフィ」は他のお店では見なかったような気がします。
 
とても楽しい13日間でしたが、良かった面、あまり満足出来なかった面を総合的に見ると(日本からのアクセス、スキー場、景色、ホテル、食事、ヴィレッジの便利さ、雰囲気、それらのCP等々)、私の価値基準では一回行けば良いかな、という感じです。まあ、今回の雪のコンディションは特別だったのかもしれず、一回では分からないとは思いますが。
 
何やら、否定的な意見を書いてしまい誤解されそうですが、もちろん後悔しているのではなく、アメリカのスキー初体験で、とても楽しい思い出が出来ました。これも多分に大森様のお陰だと思います。ビーバークリーク行きのバスの事など、ホテルに届けて戴いた資料が役に立ちました。(シニアは片道$1と言う細かい事も)色々と本当に有り難う御座いました。
 
御社のウェブサイトに載せられるような内容では無かったかもしれませんね。済みません。でも、御社のサイトがなければ、行く決断をしなかったかもしれません。
御社の益々のご発展を祈念しております。もし、また伺うような事があれば、その時も是非宜しくお願い致します。
また機会がありましたら。
 

大森様
 
大森様のおかげで、ベイルでのスキーを思う存分楽しむことができました。ありがとうございました。
今日は天気もよく最高のコンディションでした。
 
スキーの後、Sweet Basilでディナーして、先ほどEvergreen lodgeに戻ってきました。
いただいたガイドに「予約が取れない。」と書いてあったのでチャレンジしてみました。コロラドのラムを食べましたが、にパクチ?が効いたソースはちょっと口に合いませんでした。パンはおいしかったです。
 
本来なら直接お会いしてお礼を言いたかったのですが、時間もなく、御社の場所も分からなかったためメールでの御礼となってしまいすみませんでした。ありがとうございました。今度はもう少しゆっくり滞在したいと思います。 
 
これから6時間ほど寝て明日の早朝に空港に向かい帰国します。
 


皆無事に東京に帰りました。
昨日、全員が嬉しかった事のメールが飛び交っていました。大満足です。
特に初心者がベイルの教え方と思いやりのおかげでかなり上達、
最終日にブルースカイベイスンの上までいってきました。感激です。
 
夕食は良子さんのアドバイスで十分楽しめました、
ランセロットには2回も行きました。
 
欲を言えばエバーグリーンロッジの朝食がイマイチと
それと最初はそれほどと思っていましたが最終日になると
バス停からロッジまで板を担ぐのが辛かった事が不満かな。
 
ビレッジ内でバス停から近くのコンドミニアムで日本の様なコンビニエンスストア
が近くにあればもっと良かったのにと感じています。
素晴らしい頂いたDVDを家に来る皆に見せます。
自慢の種が出来ました。ジミーさんによろしく。
大変お世話になりました、ありがとうございました。
 

本当にとってもとっても、楽しかったんですよ。
 
帰ってから、職場のお兄ちゃんたちや孫たちに携帯で撮っていただいたビデオを見せたりしてVailの話をいっぱいしました。今は、FacebookでVailの様子を見ては”いいな!いいな!”と、思いながら眺めています。来シーズンは、絶対に二回は行こうと決心しています。(笑)
春スキーも、Vailならいいですねぇ~ 
体験記なんてたいそうなものは、書けませんが、Vailの広告塔を自負しておりますので、そのうち孫を連れてVailに行きますよ。あと五年はスキーをしていたい、Vailにも毎年行きたい~ EPIC PASS またよろしくお願いします。時期はまた1月か2月、出来れば3月も行きたいです。とにかく、また一人でも行きますが。 英語が喋れない、年寄が一人でアメリカでスキー?みんなびっくりしますが、スキーアメリカがついてくれていますから大丈夫!!
 
ありがとうございます!またよろしくお願いします。