ベイルリゾート公式代理店


ウェブ全体を検索 このサイト内を検索

一度はしてみたい、ベイルでのロングステイ



シーズンパスがお安く購入できる今がチャンスです


気持ちよいロング圧雪コース

日本からはるばるやって来た ベイル、1週間の滞在はあっという間に過ぎ、後ろ髪を引かれる思いで帰途についた経験のある方も多くいらっしゃると思います。

往復の移動時間、日本との時差、そして標高2,500〜3,500mという高地順応にかかる時間を考えると、10日以下の滞在は”もったいない”と思いませんか?

ベイルスキー場はそのコースバリエーションの豊富さと雪質でシーズン中毎日滑っても飽きないスキー場と言えるでしょう。

ここ数シーズンはスキーアメリカでもベイルシーズンパスがお安く購入いただけるようになったこともあり、2週間から4週間以上の中・長期滞在のゲストが増えています。

ベイルのシーズンパスは$700前後(シーズンイン前 早ければ早く買うほど安くなっています)で発売中です。詳しくはこちら LinkIcon

14泊として試算すると、お一人様あたり、デンバーまでの往復航空券(スキーアメリカでは扱っていません)が15万円前後、デンバー空港ーベイルの往復が1.5万円(乗合いバス)から8万円(専用車)、シーズンパスが7万円、14泊としてのご宿泊が15万円〜ですので、一番安く見積もって、おおよそお一人様計40万円+食費・雑費〜です。ベイルには高級ホテル・コンドミニアムもありますので、予算上限には切りがありませんが(笑)

ホテルルームにはキッチンがありませんのでできません。

コンドミニアムにはキッチンがありますので可能です。
キッチンには冷蔵庫、電子レンジが完備。フライパンやお鍋などの調理器具、ナイフやフォーク、お皿なのの食器もそろっているコンドミニアムもありますので自炊も快適にできます。
またスキーアメリカより炊飯器も無料でお貸ししています。(数に限りがありますので早い者勝ち)

ベイルビレッジ内には生鮮品を扱うスーパーはありませんが、ベイル周辺を走っている無料巡回バスで15分のところに大型スーパーが2軒あります。そのお店では、新鮮な食材はもちろん豆腐、醤油、カレールー、カップ麺も買うことができます。

大型スーパーへは、シンバラン、アントラーズなどの高級コンドミニアムからは買い出し専用シャトルバスが毎日出ており、他のコンドミニアムからは無料町営巡回バス利用で約15分で行くことができます。

12月半ばまでは自然雪の量により開くコース数が年により異なります。
バックボウルも全コースオープンするのは例年クリスマス前頃です。
そのため12月20日頃までは宿泊料金が割安です。

クリスマスー年末年始のホリデー時期は宿泊料金が一気に2倍ほど上がるので長期滞在はお勧めしていません。

年明けすぐからはスキー場の混雑もなくなり、良い自然雪もたくさん降ってベストシーズンに入ります。
1月第一週から2月上旬までは宿泊料金も割安になり、一押しのおすすめの時期です。

2月中旬プレジデンツ連休から3月は春休み料金で少しお値段が上がりますが、日も長くなり、気温も上がりますので気持ちのよいスキーシーズンを楽しめます。

4月に入ると、料金が12月並みにお安くなります。スキー場の雪もたっぷりあり、スキー場クローズまでコースもほとんど開いていますので春スキーコンディションが楽しめます。

スキーアメリカはベイルから車で30分のフリスコ町に事務所があり、スキーシーズン中は24時間の日本語無料電話対応をしていますので緊急時もご安心下さい。ジミーも良子も毎日ベイルやビーバークリークで滑っているので日中はベイルにいます。
日本の携帯電話もベイルの街そしてスキー場内でそのまま使用出来ます。
ベイルには24時間開いている総合病院がありますのでイザ!というときも安心です。
アメリカの医療は優秀ですが非常に高額なので、必ず!海外旅行保険に加入してきて下さい。

日本の携帯電話がそのまま使えます。
各コンドミニアムにはインターネットも完備されていますので日本でお使いのご自身のコンピューターをそのままご利用いただけます。みなさんスカイプバイバーなどの無料インターネット電話を利用して日本と連絡をとっていらっしゃるようです。

ここ数年は毎シーズン30人前後の日本人シニアの方々がベイルでの2週間〜1ヶ月以上の中長期滞在を楽しんでいらっしゃります。毎シーズン少しずつ増えています。
10数年前はNさんご夫婦お二人だけだったのに、、笑。

下記は2012年1月の料金目安です。(カッコ内はリフトへの所要時間)

エバーグリーンロッジ

(リゾート内無料巡回バス5分)

ホテルルーム
料金目安:14泊で2名様分$3000

リフトハウス

(徒歩2分)

ワンルームコンドミニアム
料金目安:14泊で2名様分$4500

シンバラン

(専用シャトル5分)

1ベッドルームコンドミニアム
料金目安:14泊で2名様分$4000

アントラーズ

(徒歩3分)

ワンルームコンドミニアム
料金目安:14泊で2名様分$5000

ホリディイン

(夜8時まで専用シャトル5分)

1ベッドルームコンドミニアム
料金目安:14泊で2名様分$3500

クリスティロッジ

(町営バス利用20分)

1ベッドルームコンドミニアム
料金目安:30泊で2名様分$2850



ロングステイご感想

Like nothing on earth

2011年3月 T様



私は3月上旬に2週間ベイルでスキーを楽しみました。

ベイルに興味がある人に、これから行こうか迷っている人に、私が感じたベイルの素晴らしさの何分の一かでもお伝えできればと思います。

まず天候ですが、2週間滞在して、強風や濃霧で滑れない、滑りにくいといった日は一日もありませんでした。

雪質もgood、パウダーにも何日か恵まれました。限られた貴重な日数で海外まで滑りに行くのですから、できれば一日でも無駄にしたくないですよね。ベイルは豊富な雪と最上級の雪質でありながら天候の安定した理想的な山だと思います。

広大さについては今更私が言うまでもありませんが、ちょっと想像できないくらいの大きさです。そして圧雪斜面もオフピステも、あらゆるレベルのスキーヤーが楽しめるバリエーションに富んでいます。オフピステは日本では絶対に体験できない素晴らしさだということは想像していただけるでしょうけれど、圧雪バーンも素晴らしいのです。

広いとか多彩ということのほかに特筆すべきことは「圧雪がきれい」ということです。






日本の多くのスキー場で見られるような段差なんてありません。
それは日本のように一台の圧雪車が往復しながら時間に追われてやるのではなく、ベイルでは圧雪車が大編隊を組んで日中でも常に整備をしているからではないかと思います。

コブもあらゆる大きさ、斜度があり、総じてきれいな自然コブでとても滑りやすく、コブ好きのみならず、コブを滑れるようになりたいという人にも超オススメ練習場です。

2週間滑りまくって、ベイルは滑り尽くしたと思っていたのですが、最終日にジミーさんにガイドしてもらったら、なんとまだまだ面白いところがたくさん。さすがはベイルの達人!そしてベイルはまだまだ奥が深い!おまけに撮っていただいたビデオが信じられないくらい素敵な編集をされてDVDに。もうこれだけでもベイルで滑った価値があるっていうくらいの宝物になりました。

ベイルに来たらジミーさんのガイド、頼まない手はないと思います。

Like nothing on earth.
ベイル・・比類無きもの・・
このコピーは伊達ではありません。文字通りこの世のものとは思えない素晴らしいスキー場でした。

LinkIconゲストの声はこちら

スキーアメリカ
連絡先

詳しくは、 スキーアメリカまでお問い合わせ下さい。メールアドレスは skiamerica@mac.com です。

もっと詳しく

ベイルについて、もっと詳しい情報は こちらのページからどうぞ。スキーアメリカではベイル紹介DVDを無料でお送りしています。