ベイルリゾート公式代理店


ウェブ全体を検索 このサイト内を検索

滑る前に、、ちょっとしたヒント


ベイルは八方尾根スキー場の約14倍の広さがある広大な山です。
日本のスキー場と同じ感覚で滑ると楽しいスキーも山で迷ったり、上級者コースに入り込んでしまったりとツライ目にあうこともあるかもしれません、、、(笑)
ジミー大森から快適なスキーを楽しむためのヒントをどうぞ。


○ ゴンドラ・リフトに乗る前に「グルーミング・リポート Grooming Map(無料)」をもらって下さい。ベイルには193コースあり、そのうちの数コースが綺麗に圧雪(グルーミング)されています。快適にクルージング滑走を楽しみたい方はその圧雪されたコースを滑れば素晴らしい一日が楽しめるでしょう。

○ コース名の横に「Groomed」と書いてあるサインは、「今日ここが圧雪(グルーミング)されています」というものです。快適にクルージングを楽しみたい(またはコブはちょっと遠慮したい)スキーヤーにお薦めします。

○ 「グルーミング・リポート」や「トレール・マップ(ゲレンデマップ)」は麓のゴンドラ・リフト乗場においてあります。また赤いユニフォーム(背中にInformationの「I」と書かれています)を着た係員からもらってもO.K.

○ 午後になって滑り疲れたら無理して滑って下山しないほうがいいでしょう。ベイルは下の方が急斜面になっていますので、ゴンドラやリフトの下り線に乗って街まで降りて来た方が無難です。ちなみにベイル山頂(チェア4番)からライオンズヘッドのゴンドラ乗場までシュテムターンが出来る程度の初級者がゆっくり滑ってくると1時間30分から2時間かかります。

○ ベイルは上の方が緩斜面になっています。初心者の方やお子様はゴンドラを利用して、ゴンドラ山頂駅周辺のチェア9番を利用して滑る事をお薦めします。そして帰りはゴンドラで下山します。

○ ガンガン滑りたいお気持ちはわかりますが、初日は高地に慣れるためにもゆったりと滑る事をお薦めします。高山病にかからないためにも、休憩を頻繁に取って、滑っている間にもお水を沢山飲んで下さい、アルコールは控えて、これはジミー大森からの命令(笑)です。

○ ベイルに限らずアメリカのリフト乗場はみんなが列をきちんと作ってリフト待ちをしています。割込みは厳禁。4人乗りリフトに乗る前はしっかりと4人が横に並んで列に入るようにして下さい。また隣の列と混じわるところでは交互に順番に入りこむシステムになっていますので、周りの状況を見ながらリフト待ちをしてください。

○ スキー場内のレストランは(特にツー・エルク)お昼12時30分から1時30分まで超混み合います。レストランには出来るだけ12時前にか、1時30分以降に入る事をお薦めします。

○ ベイルのバックボールはパラレルが出来る中級者なら十分に楽しむ事が出来ますが、数本のコースを除いて圧雪(グルーミング)されていないところです。また南斜面、北斜面によって雪質がだいぶ変わります。バックボールをレベルに合わせて100%楽しむためにはマウンテンガイドさん(スキーアメリカで提供しています)と一緒に滑る事をお薦めします。

○ ベイルに滞在の方もビーバークリークに一日は足をのばして行って下さい。ベイルからビーバークリークまでは公共バスが20分置きに運行しています。お一人片道$3、約20分の道のりです。(ある意味では)ベイルより高級なとても快適な大人のウインターリゾートです。圧雪(グルーミング)されているコースも多く、どなたでも気持ち良く滑れるスキー場です。またスキーアメリカはビーバークリークへのマウンテンガイドを提供してます。

○ アメリカのスキー場は
丸い緑ー初心者用コース
四角い青ー中級者用コース
ダイヤモンドの黒ー上級者用コース
ダイヤモンドの黒がふたつーエキスパート用コース
と各コースに難易度が表示されています。

ベイルのゲレンデマップをPDF形式でダウンロードする→ クリック



サービスご案内

スキーアメリカのサービス一覧
宿泊・送迎・リフト券予約

ゲストからの声

コロラドにいらっしゃった
皆様のご感想

スノーリポート&
Webカメラ

現在の各スキー場の積雪状況
とウエブカム画像

トラベル 旅情報

お天気や時差などの
コロラド基本情報

旅のプランニング

旅は計画をたてるのも楽しい

ベイル 紹介記事

雑誌掲載情報

jimi's blog

ジミー大森のコロラド暮らし